笙ヶ岳募集登山(秋田県山岳連盟主催)08.07.20

山岳連盟が秋田市の広報で市民に参加を呼びかけた。一般参加者20名、案内するには手頃な人数かな。鉾立の駐車場は朝6:30ですでに満車となる異常事態だった。三連休中日の好天はチカラがある!
2班に分けられ、一班の班長が今野、2班の班長が牧之内さん、全体のリードは山岳連盟の浦山さんだ。全員ネームプレートを着ける。山岳連盟の会長、理事長、副理事長など総勢9名の計29名。

ニッコウキスゲの大群落にはみんな大感激だった。高校野球秋田大会の準決勝は明桜高校と本荘高校だ。笙ヶ岳で休憩中、本荘の知り合いがいて、知人への携帯電話で確認した人からその結果を聞いた。吹浦口への近道は5月にとったのと同じコースが正解で、昭文社98年版のものは実際と違っていた。

賽の河原の上の石畳、もう御浜の先まで雪渓はない 鳥の海(とりのうみ)
笙ヶ岳の手前 振り返って
笙ヶ岳三角点の周り 下山前に記念写真
ハイ、笑って 三峰と岩峰の鞍部に近道あり、その終点の雪渓
河原宿(かわらじゅく)が吹浦口にもある 「とよ」と書かれた標識 「一の清水」
「見晴台」から眼下の大平山荘を見る 吹浦口は車道(ブルーライン)脇 下で待機していたバスを携帯で呼んだ

新山往復に比べたら短いコースだ。長い下りに難儀している人も何人か見られたが、総じて皆さん元気だった。予定よりかなり早めに下山して、道の駅「ねむの丘」で入浴後、バスは秋田市に向かった。(今野記す)

トップページへ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO