二ツ森と真瀬岳  14.10.11   次は真瀬岳2へ

【メンバー】 多賀谷

白神山地の真瀬岳はいくら未整備とはいえメジャーな山だと思っていましたが、思い違いでした。
全行程の半分(約2時間)は藪こぎで、往復とも道を見失わないように緊張の連続でした。

下の案内所の管理人の方は、山頂まで行ったといったら驚かれました。
真瀬岳に登る人は年間2~3人かな」
2日ほど前に行った人は道迷いが怖くて引き返したと言っていた」とのこと、

自分にはとても良い経験になりましたが人にはすすめられません。概況をレポートします。

(その1は22枚)
 二ッ森登山口から13Km程下って真瀬岳分岐へ  4分ほどで広場に出た 左手はルートではない
 ルートは間違いなし  つッ つ・う・こ・う・ど・め?
行ける所まで歩こうとしたら土地の人と出会い「車で入れる」と・・・ 自己責任で侵入。(迷いながらも)30分程で支障なく駐車地点に 
この標識に気付かず行き過ぎた 標高約300m  10:50 スタートしようにも道が分からない
(正解は涸れた金山沢を渡る)
 草を分け入って進むと標識があった  近くまで行くとちゃんとあるじゃないか
   
ここからするどく左折する   道だか沢だか分からないが兎に角進む
 途中からちゃんと刈り払われていた(ホッと安堵)  杉林の中のつづら折りの道を進む
 地元の林業事業地ということで見事な杉林  杉林を抜けきり標高約675mで下刈りが終わった
 ここからヤブとの戦いが始まった  行きつ戻りつ藪をかき分けながら進むと岩の下に道らしき跡が
 ほんの少しの日差しが不安を和らげる 12:09 悪戦苦闘しながら登ると一時展望が開けた 
 激しい笹やぶで何度も引き返そうか迷ったが  山頂らしきものが見え気持ちを奮い立たせる

次は真瀬岳2へ

14.10.14アップ 管理人 今野  
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO