稲倉岳山頂 15.02.25

【メンバー】 茂野 今野 /荘司 (中村)

鶴泉荘7:45集合。
前夜、GPSに地図を載せる方法について茂野さんから電話で質問があった。
電話で説明するのは無理。好天が見込まれるので、明日、稲倉岳に向かうとのこと。
とりあえず一緒に行くことで話がまとまった。

林道の除雪終了点にはISUZUの4駆が1台あった。
途中で2人組の男が先行するのが見えた。
話し声も聞こえたので、こちらの話し声も届いたかも知れない。

茂野さんの目的は山頂部にあるコメツガの群落の写真撮影とのこと。
めおとブナの上部で休憩後、「西カール」方向にトラバース気味に移動し、コメツガを狙った。
そのまま西カールを登り、山頂に至った。

登りは通称「西カール」。「東カール」へ下るが、途中、電池切れ

コメツガは「西カール」の東側から群落が続く。
500本もあるだろうか。

七曲を過ぎて稲倉岳の「西カール」が正面に見える 振り返れば風車と日本海
葉が落ちない。ダケカンバでは熊棚とはいえないが、なぜだろう。 黄砂のような黄色い雪が筋状にある
黄砂の筋、こちらが見やすいか めおとブナで、日差しがまぶしい 

西カール側に回り込むとコメツガが現れる 西カールで茂野さんが先行する
稜線に立つと鳥海山頂が目に飛び込んでくる 1枚では収まらずその右も撮り
上の2枚をphotfitという無料ソフトで合成してみたが、うまくできない。左が高く、右が低く、荒くなってしまった
下山前の記念写真 東カールを気持ちよく滑る

1000m辺りからクラストし始めた雪面はやがてタテ溝となり、山頂部ではほぼ氷の斜面となった。
東カールに降りてみたが、タテ溝とアイスバーンには苦労した。300mほど高度を下げたところで、やっとターンが出来るようになった。
この時期の雪は難しく、七曲を過ぎた林道でも転んでしまった。ヤレヤレ。

15.02.26 管理人 今野

15.02.27 茂野さんから頂いた画像
タテ溝がよく分かる コメツガ群落
稲倉山頂 足下のザックは茂野さんのもの
蟻ノ戸渡

追記 先行するお二人は荘司会長と本荘高校山岳部OB会長 中村さんだった。
15.02.27午後、荘司会長から、「めおとブナで待ってたけど帰りました。」というメールを頂いた。

TOP
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO