鳥海山 北面 17.05.02 

【メンバー】茂野 今野 眞幸
【コースタイム】

毎年1回は挑戦したいと思っている北面であるが、昨年は雪不足で、藪がひどく断念した。
本荘から眺める鳥海山は頂上直下の岩があまり目立たず、今年は行けると思っていた。

天気状況から5月1日(月)ではなく、5月2日(火)に変更できるのは年金暮らしゆえだ。
茂野さんの参加もあり、心強い。

当初、下の駐車場集合としていたが、車がほとんどない。
上の駐車場も3割程度、そこで合流した。

カラ滝コースは藪が出ていて使えない。神社を過ぎた所から回り込む。
ルートをGPSに入れる時間がなく、勘で進むつもりだったが、
茂野さんのGPSに教えてもらうことになった。感謝(^_^;)

ルート上の藪は誰かが刈り払ってくれていた。これまた感謝。
基部まで2時間半。茂野さんに遅れること17分。これまでより30分遅れた。

10:38スキーをザックにくくりつけ、ピッケル・アイゼンで歩き始めるが、いきなりアイゼンが外れた。
しばらく使っていなかったので、セットを間違えたようだ。
安全な地点だったので、よかった。

1870mの岩で、昼食。
ラスクパンと水、塩トマト5粒のみ。

ゴールまではおよそ2時間で眞幸さん、3時間で茂野さん。私は遅れに遅れ、5時間。
七高山で茂野さんが待っていてくれるのが見えた。
結局、そのまま七高山に向かい、山頂の下で茂野さんと合流した。
眞幸さんはスキーではないので、早めに下りたが、駐車場で待っていてくれた。

16時過ぎにスキーで下りたが、すでに気温が零下で、堅いアイスバーンになっている。
エッジを引っかけて一度転倒もした。
大雪路(おおゆきじろ)で、ややアイスバーンが緩くなり、七ツ釜の下では重い雪となった。

いつもは鶯川の左岸を滑るのだが、今回は夏道を行く。
小さい登りは直滑降でクリアーした。
駐車場着17時。
トレーニング不足で、二人を大変を待たせてしまった。m(_ _)m

下の旗は藪、上の旗は岩で昼食。カラス型雪渓からルート修正
快晴の矢島口 藪が出ていて、神社を越えて回り込む
二人の向こうが基部に下りる藪 この藪が刈り払われていてラクだった
茂野さんがドンドン先行する 二人にやっと追いつき、アイゼンを装着
アイゼンが外れ、ますます遅れる ピッケル
雨具をカバーするスパッツを忘れたが、今回は雨具を傷めない。 稲倉岳が大きい
山頂部と海岸線が並ぶ その時の標高は2045m
急斜面で立ち止まり、下を見ると基部が見えない その地点で、GPSを見ると標高2114m
同じ地点で外輪山の北のピーク(2114m) さらに登ると、ピークの後ろは外輪
左と同じ場所で撮影 その右側
もっと右側 以上、5枚組の外輪山
七高山では茂野さんが待ってくれた ガリガリの山頂直下を滑る
大雪路から振り返る てかてかのアイスバーン


17.05.03 憲法集会の朝  管理人 今野アップ

TOP

SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO