鳥海山 笙ヶ岳 募集登山は雨の中 17.07.22 by今野     多賀谷のページへ

【メンバー】荘司 今野 牧之内 吉田 多賀谷 尾留川 黒崎 工藤 慎哉 英樹
       一般参加者8+1名
【コースタイム】07:00由利本荘市役所 08:35鉾立発 10:00賽の河原(雨具着用) 10:14同発
          10:51稜線 11:04~10三峰 11:31~42雪渓手前(1595m おにぎり休憩)
          11:59~12:02賽の河原(雪渓のヘリ)13:04鉾立着 14:10市役所着

前日、雪渓の様子を確認したくて下見に出掛けた。
何とか登れるが、下りはやや危険かとも思った。

当日の朝、地図にコースタイムを入れ、裏側に参加者名簿を印刷した。
キャンセルもなく、申込者8名を会員の車に分乗してもらい、市役所を出発する。
誰かに乗せてもらおうと思っていたが、一名から「5分遅れる」という電話があり、
その方を乗せて出る羽目になった。

雨が確実で、上郷小は前日に中止を決めていた。
でも、出発時にはまだ降らない。
上郷小のガイドを務めるはずだった英樹さんも参加してくれた。

鉾立で会長挨拶。そのまま会長がトップで一行をリードする。
心配していた雨は賽の河原で休憩している頃に降り始めた。

GPSにデーターを残している安心感があり、
雨で視界10mの雪渓を登るときには会長と並んで歩く。
雨の中の行動時間短縮のため、往復とも同じルートで歩く。

笙ヶ岳手前に三峰、二峰とピークが並んでいるが、
会長は三峰に着くと「ここが目的地だ」と宣言し、下山した。
参加者に達成感を与える見事な判断だ。

雪渓の下りの最後にはピッケルが必要かとも考えていたが、出番はなかった。
雨脚が強くなり、雷も光る中、13:04無事に鉾立に到着し、
参加した小学生二人の感想発表で締めくくりとした。


当日のGPS軌跡(笙ヶ岳三峰まで)

鉾立で出発前に。18名+1(飛び入り参加!)吉田さん提供の画像

低くなった雨雲に隠れて山頂は見えない

石畳の登山道を上る

ショウジョウバカマ

ミツバオウレン

サンカヨウはここだけ

鉾立展望台の近くに咲くユリ(名前不明)


17.07.23 管理人 今野アップ 

多賀谷のページへ   17.08.10アップ

TOP
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO